看護師の私が感心してしまった出来事

看護師の私が数年前に電車に乗っていた時に起こった出来事です。

車両内は程よく混んでいました。
座席はギュウギュウ詰めというわけではなく、人と人の間に微妙な隙間を空けてみんな座っていたの。

そこへ隣の車両から一人の小学生が入ってきました。
男の子で小学生2年か3年生ぐらいだったかなぁ。
男の子はキョロキョロと辺りを見回し、座席に座っていた女性の前に立ったの。
そして避けろと言わんばかりに手をヒラヒラさせて「邪魔。」と言ったのです。
看護師の私はビックリしました。
まさか子供がそんな事を言うなんて…

女性はムッとした顔になりつつも腰を浮かしかけた時…
近くにいた茶髪の男が子供に言ったのです。
「目上の人に対してそんな言い方はないだろう!」
車両内は静まり返り、男の子は泣きそうな顔になりました。

そこへ隣の車両から母親らしき女性が入ってきて、泣きそうな顔をしている子供を見るなり車両内にいる全員を睨んだのです。
茶髪の男は母親に向かって言いました。
「丁度良かった。親の顔が見てみたいと思っていたところだったんですよ。」
母親は顔を真っ赤にして子供を連れて違う車両へ行ってしまいましたよ。

看護師の私は茶髪の男に感心してしまいました。
間違った事に対してあんな風にビシッと言える人間になりたいと看護師の私は思っています!